子宮内膜症の治療に、ピルが使用されることがあります。 ピルというと避妊のために使用するイメージが強いかもしれませんが、子宮内膜症にも効果的なのです。 ピルにはホルモン分泌を抑制し、月経をストップさせる働きがあります。 子宮内膜症は月経血が体内組織で落ち着いてしまう病気なので、月経自体を止めてしまえば症状を改善させることができます。 この時に使用されるピルは、低用量ピルと呼ばれるものです。 通常のピルとは違い、ホルモン量が少なく、副作用を起こすリスクが低いという特徴があります。 あまりにも症状が重い場合は、低用量ピルを使用した治療はできませんが、軽い場合は使用されることが多いです。 このように、ホルモンをコントロールする治療法をホルモン療法といいます。 副作用として、更年期障害と同じようなのぼせやイライラ、頭痛、不眠といった症状が現われることがあります。 それに、ホルモン療法は最長でも6ヶ月までと決められていて、それ以上続けることはできません。